< スポーツ個性心理学 >

アクセスカウンタ

zoom RSS 齋藤 佑樹(早稲田大学)の個性を覗いてみましょう!!

<<   作成日時 : 2007/05/17 00:21   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

  ハンカチ王子=齋藤 佑樹、甲子園のヒーローはファンを大勢引き連れて

  神宮の森に戦いの場を移しました。

  六大学人気の復活を期待され、登板ごとに実力を発揮しファンを魅了、

  さらに集客力も見せつけたハンカチ王子!!

  今年一番注目する六大学野球の齋藤 佑樹選手はどのような個性の人物か、
 
  これから分析してみましょう!!


        斎 藤  佑 樹 (東京六大学・野球)

              (早稲田大学)

    
      齋藤 佑樹・・・・・温厚だけど負けん気は人一倍強いチャレンジャー。


      *チームワークが一番大切。

      *チーム内の潤滑油的な存在。

      *使命感に答えられるように奮起する。


   グランド内では、

      過去の経験、実績・データ重視の分析型!!  

      想像力を鋭い感性で受け止める!この様な選手です。


    齋藤 佑樹選手を細かく個性分析すると、次の通りです。
    

     *孤立を嫌い、集団に生きることで安心する人。

     *個性的な生き方をするよりも、平均的な生き方を好みます。

     *一定の距離を保ち、腰を低くし鋭い直感と洞察力で相手の心を見抜く。

     *いつの間にか自分のペースに持っていく駆け引きを心得ています。

     *博識で、何かを聞くと次々に情報を提供してくれます。

     *特に世の中の動きに敏感で、交流の機会には恵まれます。

     *見かけからは想像できないほどのタフな根性を持っている。

     *明晰な頭能と分析力を持っているのに結論を時の流れに任せる傾向がある。

     *勝負事に強く、人の役に立ちたい信念で、大きな試合を成功させる。


         齋藤 佑樹選手はこの様な個性の持ち主です。



   注目や人気に支えられ、齋藤 佑樹自身も励みになっていますが、

   齋藤頼みの集客も浮き彫りになっています。

   でも齋藤選手は、シュミレーションを考えて戦術を練ることに

   長けているので、今後もファンの期待を裏切らない活躍は

   間違いないでしょう。

   と、私は感じました。

   ファンの皆様、じっくりと4年間、齋藤 佑樹選手を見守りましょう!


      スポーツでブログランキングにエントリーしています。    

人気blogランキングへ

   上記、クリックしてくださいね!!

   色々なジャンルのスポーツアスリートの個性を皆さんで楽しんでいます。

   ぜひ、気になるスポーツ選手をリクエストしてPRしてみませんか?

           
            お待ちしています!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤスさん今日は。
大きなプレッシャーに押しつぶされる人、
撥ね退けて力を出せる人、この心の違いの根っこはどこにあるのでしょう。
人一倍プレッシャーに弱い私です。
タキかよ
2007/05/17 09:10
タキかよさん、こんばんは!
経験の多さや、克服できたという
自分なりの達成感を日々感じる事で
少しづつ心の成長ができるのでは
ないでしょうか。
彼らは長年経験し積み上げてきているので、
強いはずですね。
ヤスです
2007/05/18 02:43
うーん、確かにそうですね。
体も心も脳も、鍛えなくては逞しくはなりませんよね。
タキかよ
2007/05/18 07:13
私もこれ以上衰えないように、
脳は子供のDSを拝借して日々格闘し
体は週末の子供達とのサッカーで
鍛えて?います。
そのためか、メタボリックとは無縁です。
ヤスです
2007/05/18 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
齋藤 佑樹(早稲田大学)の個性を覗いてみましょう!! < スポーツ個性心理学 >/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる