< スポーツ個性心理学 >

アクセスカウンタ

zoom RSS クラッシック・オールブラックスの選手の個性を分析すると・・・!!

<<   作成日時 : 2007/05/09 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


    今回の分析はCAB(クラッシック・オールブラックス)です。



  解りやすい様に選手の個性を3つのグループに分けて分析しました。

  どのグループに選手が多く属しているか見てください!



  2 マット・セクストン、3 ゴードン・スレーター、5 サイモン・メイリング

  13 スコット・マクラウド、16 ランス・ポ・チン、17 クプ・バニシ

  19 ポール・トモソン、23 マーク・ランビーは、

           *チームワークが一番大切。

           *チーム内の潤滑油的な存在。

           *使命感に答えられるように奮起する。



  1 ジョー・マクドネル、4 ロイス・ウイリス、7 サム・ハーディング、

  9 ジャスティン・マーシャル、12 トニー・ブラウン、14 ジェフ・ウィルソン

  15 カルロス・スペンサー、18 チャールズ・リークルマン、21 マーク・ロビンソン

  22 エリック・ラッシュ、24 ピタ・アラティニは、

           *現実的な考え方をする。

           *負けん気が強い。

           *地に足のついた堅実なプレーを実行する。



  6 スコット・ロバートソン、8 ロン・クリブ

  10 アンドリュー・マーテンズ、11 ジョナ・ロムー、20 ジェイミー・ジョセフは、

           *ピンとくる感性が鋭い。

           *少ない可能性にもチャレンジする。

           *プレーの状況に応じて瞬時に対応できる。


         
       プラス指向で過去に固執しない展望型のグループの選手は、

  1 マクドネル、2 セクストン、3 スレーター、4 ウイリス、6 ロバートソン、

  7 ハーディング、8 クリブ、9 マーシャル、10 マーテンズ、11 ロムー、

  12 ブラウン、16 ポ・チン、17 バニシ、20 ジョセフ、

  22 ラッシュ、23 ランビー の16人です。



       過去の経験、実績・データ重視の分析型のグループの選手は、

  5 メイリング、13 マクラウド、14 ウィルソン、15 スペンサー、

  18 リークルマン、19 トモソン、21 ロビンソン、24 アラティニ 

  の8人です。


   (見方は、キャプテンの10 アンドリュー・マーテンズ選手を例にみると、

    ピンとくる感性が鋭く、プレーの状況に応じて瞬時に対応できる、

    プラス指向の展望型)このように分析してみて下さい。



  上記の様に分析をすると、クラッシック・オールブラックスは

  負けん気が強く、堅実なプレーを実行する、プラス指向の展望型の選手が多い

  チーム編成ですね。

  5月9日(神戸)、12日(秩父宮)に

  今もなお輝き続けて、勝利を知り尽くしている集団にカーワンJAPANが

  挑みます!!

  W杯に向けJAPANが強豪相手にどこまで戦えるか、楽しみですね!!



     スポーツでブログランキングにエントリー中です。    

人気blogランキングへ

     クリックしてくださいね!!

  色々なジャンルのスポーツアスリートの個性を皆さんで楽しんでいます。

  ぜひ、気になるスポーツ選手をリクエストしてPRしてみませんか?

  ドンドン参加(リクエスト)して、色々なスポーツを楽しみましょう!!

       お待ちしています!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラッシック・オールブラックスの選手の個性を分析すると・・・!! < スポーツ個性心理学 >/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる