< スポーツ個性心理学 >

アクセスカウンタ

zoom RSS 東芝ブレイブルーパスのバックス陣の個性は?

<<   作成日時 : 2007/02/02 02:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トップリーグ1位通過の東芝バックス陣は、フォア・ザ・チームでバックス全体で

一つの大きな力にして、得点する傾向の個性集団ですね!

前回と同じに、まずは解りやすい様に選手の個性を3つのグループに分けて分析します。
(リザーブの選手も一挙に・・・・)

10廣瀬、11オト、12マクラウド、14吉田、
17久保、18石澤、21ケプは、
                *チームワークが一番大切。
                *チーム内の潤滑油的な存在。
                *使命感に答えられるように奮起する。

9吉田、13冨岡
16松尾、20伊藤、22仙波は、
                *現実的な考え方をする。
                *負けん気が強い。
                *地に足のついた堅実なプレーを実行する。

15立川          
19宮下は、
                *ピンとくる感性が鋭い。
                *少ない可能性にもチャレンジする。
                *プレーの状況に応じて瞬時に対応できる。

    続いて、選手個人のおもな特徴です。

 9吉田・・・・・指図されるのが大嫌い。
         マイペースだが得意な分野でNO1を目指す。

10廣瀬・・・・・逆境に強く、困難にはくじけない強い信念と
         高いプライドの持ち主
        
11オト・・・・・ひらめきで即実行する行動派。
         鋭い勘と持ち前の根性をもち、信念を貫く。

12マクラウド・・手堅いプレーが高い評価を得ている。
          まじめでコツコツと打ち込む縁の下の力持ち的性格。

13冨岡・・・・・チームの調整役。
         自分なりの価値観をもち短時間に集中力を発揮できる。
      

14吉田・・・・・裏のプレーまで確固たる考えで手を打つ。
         印象はソフトでもプライド高い自信家。

15立川・・・・・努力と根性がモットー!
         プライド高く、妥協しない意志の強さをもつ。

16松尾・・・・・情報整理が得意。
         天性の勘とひらめきは抜群。極端な負けず嫌い。

17久保・・・・・コツコツと実績を積み上げ、ミスの無い堅実なプレーを目指す。
         内に秘めた情熱と自信をもつ。

18石澤・・・・・あせらず確実に実力を蓄積する。
         伝統や経験を尊重する現実派。

19宮下・・・・・強烈な個性をもつ天才肌。
         分析力、洞察力があり現実的な対応能力が抜群。

20伊藤・・・・・天真爛漫だが気高い精神をもつ。
         多くを同時にこなすのが得意。

21ケプ・・・・・口数は少なく不言実行を地でいくタイプ。
         その場で相手の心理を鋭い勘で見抜ける。

22仙波・・・・・何でもこなす能力を持っている。
         自分の道を突き進む。

共通点は、12マクラウド、13冨岡、14吉田、15立川、16松尾、18石澤、21ケプが
         過去の経験、実績・データ重視の分析型。

        9吉田、10廣瀬、11オト、17久保、19宮下、20伊藤、22仙波が
         プラス指向で過去に固執しない展望型。


東芝バックス陣とリザーブ選手は、この様な個性でした。

バックス陣は、堅実なプレーを実行する主将の冨岡が中心にまとめあげて、

練習通りバックス全体で確実に得点を狙う感があります。



ここにも東芝の強みが隠れているのかもしれませんね?
みなさんはどう思っていますか?

では、明日もお楽しみに!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東芝ブレイブルーパスのバックス陣の個性は? < スポーツ個性心理学 >/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる